0dea7408.jpeg
 

捧げる 灰野敬二の世界

河出書房新社
3,150円(税込)


僕は表現の場においては非日常をひっぱりだす。非日常になっちゃうのと、非日常をんでここに引きずり出すのとは違うからね。……たしかに、非日常はある んだよ。日を浴びているのが日常だったら、夜はそのとき非日常なわけじゃない? 現前してないわけだから。僕はそれを意識して、昼間であっても、聴くひとが夜を感じられる音楽をできる自負がある。両方あるでしょう、ってやっぱりいいた いんだよ。ひとは昼を見ていると、夜があるのに昼が正義だと思ってしまう。そして、夜になると、夜が正義だと思う。ここが昼なら、地球の裏側は必ず夜なわ けだよね。僕はそれを、表裏一体として、見せるのが表現の使命だと思っている。(本書より)




通販はコチラ

BIBLIOPHILIC & bookunion 新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-17-5
カワセビル3F
TEL:03-5312-2635
FAX:03-5312-2636
e-mail:bbs@diskunion.co.jp
http://diskunion.net/shop/ct/bibliophilic_bookunion_shinjuku
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
twitter
リンク