読書のための音楽レーベル「Music for Reading」 始動!!
第1段7タイトル入荷致しました!!

f7fa8ff5.jpeg


Music for Reading from Karaoke Kalk By Shintaro Uchinuma
 

■選曲者 内沼晋太郎
numabooks代表/ブック・コーディネイター/クリエイティブ・ディレクター
1980年生まれインターネット育ち。一橋大学商学部商学科卒。

「TOKYO HIPSTERS CLUB」、「HANSEL&GRETEL」、「TOKYO CULTUART by BEAMS」などのショップで販売する書籍のコーディネイトを中心に、書籍売り場やライブラリのプロデュース、本にまつわるプロジェクト企画や作品制作、 書店や出版社のコンサルティング、電子書籍関連のプロデュースなどを手がける。
現在、『Web本の雑誌』(本の雑誌社/博報堂)にて「内沼晋太 郎の本屋開業奮戦記」を連載中。著書に『本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる 本』(朝日新聞出版/2009)、著作に「拡張する本――本の未来と出版業界の未来にまつわる現場報告」(早稲田文学増刊『wasebunU30』所収、 『マガジン航』に再掲/2010)などがある。

■Karaoke Kalk レーベルベルリンを拠点に90年代後半から活動し、MORR MUSICと並びエレクトロニカの代名詞と言えるレーベルのKaraoke Kalk。
JORG FOLLERTによるプロジェクト・WUNDERやDONNA REGINA、MARZなど数々の名盤をリリースしている。これらの作品は、所謂"フォークトロニカ(=牧歌的エレクトロニカ)"というタームが生まれるきっかけとなった。
また日本人アーティストの紹介にも積極的で、TAKAGI MASAKATSUやTAKEO TOYAMAが作品を残している。
近年ではBILL WELLSやDAKOTA SUITEなどロック~ジャズ寄りのアーティストも名を連ね、今後の更なる飛躍も期待できるレーベル。  

 

Music for Reading from quatre saisons played by monjeu

■選曲者 キャトルセゾン

「自然を感じながら豊かに住まうパリの暮し」をテーマに、「地域の生活者の日々の暮らしを豊かな喜びで満たす」ことを基本理念として、成熟した生活者に向けて、より質の高い生活文化と、新しい家族の暮らしを提案しているチェーン店。

■ 録音アーティスト モンジューフランスの大衆音楽として歴史的背景を持つ『バル・ミュゼット』をベースに、ジャズ、ジプシー音楽、タンゴ、ブルー スなど、様々な要素を取り入れたユニークな音を奏でるトリオ。マヌーシュギター、アコーディオン、コントラバスで構成される。 彼らの音楽を一言で表現するならば『親しみやすさと非日常をあわせもつ音楽』。本作では最新録音作品を含む全8曲。(そのうち1曲は山本達彦ヴォーカルの 新録音作品)

 

Music for Reading from Venus Records by Wakana Hara

■選曲者 原和加奈

まるで豪華な写真集のようなアートワークがズラリと並ぶ作品群。日本が誇るジャズ・レーベル"Venus Records"の膨大なカタログの中から、王道ピアノ・トリオやヴォーカルまで、レーベルプロデューサー原和加奈氏が選曲。

  

Music for Reading from Spice of Life "Jazz" by Hiroko Otsuka

■選曲者 DJ大塚広子

2004年以降、本格的なDJ活動と音源紹介から全国的な現場の支持を得て、ワン&オンリーな"JAZZのグルーヴ"を起こすDJとしてその存在を不動のものとする。

渋 谷TheRoomにて10年目に突入した人気イベント「CHAMP」でのレギュラーDJ、六本木アルフィーでのメインDJをはじめ、日本中のパー ティーに出演。ジャズ喫茶や老舗ライヴハウスのイベント・プロデュースも行いその柔軟なセンスでジャズの新しい楽しみ方を提示している。
2010 年スペインでのDJ招聘、「FUJI ROCK FESTIVAL」の出場。同年、日本のジャズ・レーベル「トリオ」のMIXCDを監修制作。2011年には、80's後期~90'sにフォーカスした日 本発2レーベル「somethin'else」(EMI Music Japan)と、「DIW」(DISK UNION)のMIXCDを同時発売。
2012年、新宿PIT INNやBLUE NOTE TOKYO、TBSラジオの出演、ファッション、音楽雑誌等での音源紹介、レビュー連載、ディスク・ガイドやライナー執筆など幅広いフィールドで活躍中。
HP: http://djotsuka.com

 

Music for Reading from Spice of Life "Hawaii" by Naoko Shimada

■選曲者 島田奈央子

音楽ライターとして「ジャズ・ジャパン」、「CDジャーナル」などで、ジャズを中心にレビューやインタビュー記事を執筆するほか、CDのライナーノーツを数多く手掛ける。またクラブDJとしても都内各所のイベントに参加し、ジャズ、ボサノヴァなどを中心に活動。
TV 番組や映像に合わせた選曲も行っている。さらに自らプロデュースするジャズ・イベント「Something Jazzy」を開催しながら、新しいジャズの聴き方や楽しみ方を提案。2010年には著書「Something Jazzy女子のための新しいジャズ・ガイド」を発売し注目を集め、EMIミュージックからコンピCD「Something Jazzy 毎日、女子ジャズ」をリリース。続いて、P-VINEレコードからプロデュース制作アルバム「Something Jazzy アイランド・クリスマス 冬の休日、女子ジャズ」を発売。また昨年12月には、第2弾著書「Something Jazzy 女子ジャズスタイルブック」(CD付録付き)を。EMIミュージックから、選曲・監修のコンピレーションCD「パリ旅で女子ジャズ。Something Jazzy」を発売した。

 

Music for Reading from KYOTO RAG by Hikaru Kawakami

■選曲者 河上ひかる

(株)ラグインターナショナルミュージック 取締役/プロデューサー
創 業31年になる京都木屋町三条の老舗ライブハウス「Live Spot RAG」や現在4店舗ある「リハーサル&レコーディングスタジオ ラグ」、CDレーベル「RAGMANIA」などを経営する、京都を代表する音楽企業 (株)ラグインターナショナルミュージックの立ち上げから参加。 山下洋輔、日野皓正らが読経に向かい即興演奏を繰り広げる、異色のコラボレーションアルバム「慈愛LOVE」をプロデュースし、話題となっている。

■制作意図 "KYOTO RAG"には世界中からよい音楽を引きつける磁場がある。磁力は年々強まり、新たな創作が生まれ続けている。
現在20タイトルあるRAGMANIAレーベル作品及びRAG所属アーティスト作品の中より、二冊の星景写真集「フォトミュージアム 地球の夜 空と星と文化遺産」と「星空を見上げて」に響き合う作品を選曲。
第 一線で活躍する日本のジャズ&フュージョンミュージシャンたちのイマジネーション溢れるナンバーで、美しい地球の夜の情景を深く味わう提案。 選曲者は本作を勝手にMFRシリーズの「レンズクリーナーCD」と位置づけている。壮大な世界観の中に身を置き、読書で疲れた目と脳内をリフレッシュさせ ていただけたら本望だ。

 

Music for Reading from Jazz Bar By Yashukuni Terashima

■選曲者 寺島靖国

1938 年、東京都に生まれる。早稲田大学文学部独文科を卒業。会社勤務を経て、1970年、東京・吉祥寺にジャズ喫茶"メグ"を開店。「オーディ オアクセサリー」「ステレオ」「レコード芸術」などにジャズ・オーディオに関する評論・エッセイを発表。なにものにも属さない評論にはファンが多い。

著 書に「JAZZピアノ・トリオ名盤500」(大和書房)、「JAZZオーディオ悶絶桃源郷」「JAZZオーディオ 寝ても覚めても四苦八苦」「疾 風怒濤のJAZZオーディオ放蕩生活」「吉祥寺 JAZZ CAFEマスターがすすめるはじめてのJAZZ 50+2」(河出書房新社)、「辛口! JAZZノート」「聴かずに死ねるかJAZZこの1曲」(講談社)、「サニーサイドジャズ・カフェの逆襲」(朝日文庫)、「JAZZとオーディオに魅せら れた男のワンダーランド」(音楽之友社)、「たのしいジャズ入門」(春風社)、などがある。2012年 DUBOOKSより「雑文集」を発表。2007年8月 寺島レコードをスタートさせ今年5年目で30タイトル近い作品を発売している。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
twitter
リンク