知らない誰かのことを、時を経て知る面白さたるや

477831297X.jpg











「痕跡本のすすめ」古沢 和宏
1,365円(税込)/太田出版
 

痕跡本とは前の持ち主の、
なんらかの痕跡が残っている古本のこと。



メモがはさまっている、直接書き込まれている、傷痕、シミ後……
わたしも古本屋さんは好きでよく行くので、
このような痕跡との出会いは少ないわけではありません。
 「○○さんへ、いつも有り難うございます。」と丁寧に書かれたメッセージ付サイン本。
じゃがいも、キャベツ一玉…スーパーで買うものリストのメモ書きがはさまっていたり、
とにかく様々な本たちに出会ってきました。


しかし、本書で紹介されている痕跡本はなにやらレベルが違ったのです。

なんといえば良いのでしょうか、並々ならぬ想いが前の持ち主より伝わってくるような、
身近に感じる痕跡にも ふっと笑えてしまうものばかりなのです。
痕跡に対する著者の思い(込み)が激しいことも面白さのひとつ。

本書を書かれているのは、愛知県にある 「古書 五つ葉文庫」の店主さん。
しかも古書店を開業したきっかけは、本が大好きだったというよりも
ある痕跡本との出会いによってハマりだしたというのだから
この本に対する思い入れもものすごいことでしょう。

ということで、実に深く掘り下げているこの本を
ぜひぜひ、読んでいただきたいです!!


「痕跡本のすすめ」通販


BIBLIOPHILIC & bookunion 新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-17-5
カワセビル3F
TEL:03-5312-2635
FAX:03-5312-2636
e-mail:bbs@diskunion.co.jp
http://diskunion.net/shop/ct/bibliophilic_bookunion_shinjuku
 
twitter
リンク