書店で本を買うと尋ねられる、「カバー、おかけしますか?」という一言。

初めて足を運んだ書店では、 なるべく書皮をかけてもらうことが多いです。
なぜなら、書店がこだわる書皮にもおもしろさがつまっているから......!!


51SJC6AK06L._SL500_AA300_.jpg













「カバー、おかけしますか?出版ニュース編」
2.625円(税込)/出版ニュース社

電車のなか、公園のベンチで読書をしているひとを見かけると、
何を読んでいるのかなと気になることがあると思います。
しかし、外で本を読むひとたちの大半は書皮をかけていることが多いです。

そこで目にとまって思うこと。

「・・・あのデザインの書皮はどこの書店のものだろう。」

気になると止まらない。
けれど、「どこの書皮ですか?」なんて聞くこともできない。
もどかしくもこの瞬間はぐっと我慢してしまうと、忘れてしまうこともしばしば。
しかし、ある日出向いた書店でばったりと出会うこともあるのです。
「あのときベンチに座っていたひとがかけていた書皮だ!感動!」と。


そんな本屋好き、本屋さんの書皮も好き、といった方へおすすめの1冊。
どんな素材の紙なのか、なぜこのデザインなのか、誰が描いたイラストなのか、、、
ページをめくるほど好きになる、書店と書皮の深い関係。

だいすきな書皮をかけてもらいに、
きょうも本屋さんへいきましょう!

ちなみに当店の書皮は、イラストレーターの和田誠さんが手掛けています。

※新品書籍にお付けしています。




「カバー、おかけしますか?」通販




BIBLIOPHILIC & bookunion 新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-17-5
カワセビル3F
TEL:03-5312-2635
FAX:03-5312-2636
e-mail:bbs@diskunion.co.jp
http://diskunion.net/shop/ct/bibliophilic_bookunion_shinjuku
twitter
リンク