d2aa00b2.jpeg
4/14(土)より、著名イラストレーター描き下ろし
『集めたくなる栞』シーズンI スタート!!
 

ブックユニオンでは、著名イラストレーター描き下ろしのオリジナル栞を同店での新刊書籍・雑誌の購入特典として4月14日(土)から各店で配布を開始します。

「集めたくなる栞」は、著名イラストレーター5名が音楽をテーマに描き下ろした栞を新刊書籍・雑誌の購入特典として進呈(毎月5種類×12ヶ月=60種類)、手塚治虫商業誌デビュー作4コママンガ「マアチャンの日記帳」からセレクトした作品をブックユニオン各店での手塚治虫フェア開催を記念して無償にて配布します(毎月1種類×12ヶ月=12種類)。

d2aa00b2.jpeg









今回の企画「集めたくなる栞」シーズンIは、モノの収集文化を大事にするディスクユニオンとして、昔からありながらもその利用価値を引き出せていない栞にスポットライトを当て、栞にコレクション性を持たせることと読書生活をより楽しくすることを目的にスタートします。また、この企画に際し、音楽ライター兼アンソロジストでこれまで国内外で数々の企画・監修を手がけてきた濱田高志氏が監修しました。

詳細はこちら

■音楽雑誌購入特典としての「特典用栞」や店頭無償配布の「販促用栞」も既に展開中

bookunionでは今回スタートする特典用栞とは別に、音楽雑誌「レコードコレクターズ」・「JAZZ JAPAN」・「BLUES & SOUL RECORDS」の各購入特典としてその月の各雑誌の表紙や内容を記したブックユニオンオリジナル栞を進呈中。また新譜CDや新刊書籍の広告用としてのブックユニオンオリジナル栞も各店店頭で無償配布中。これらを合わせると既に61種類のオリジナル栞を制作。

これまで配布した栞の見本はこちら
 
twitter
リンク